6歳のズルやすみ

朝ごはんもふつうに平らげたくせに、「今日はだるーい、保育園ちゃんと元気になったら行くー」と

ベッドに戻った息子。ふとんの中ではクマやライオンと一緒に横になって本を広げている。

 

まあなんか、こういう日もあるよね、とほっておいたら、こんどはストーブの前でレゴブロック。

「もう、寝なくていいの?」

「クマさんとライオンはね、まだふとんにおるよ」

あっそうですか。

 

「ねえ、ママ。なんかちょうだい。お腹すいた!」

「パスタでいい?」

「うん!(眼、キラキラ)」

 

「なんか、こうやってママと2人でお昼っていうのはめずらしいねぇ」などと大人っぽいセリフをはいた後

「いつもは、みんながいろいろしゃべってうるさいからねぇ」って、うるさいのはキミでしょ。

 

もぐもぐもぐ・・・・。

「ねえママ、ボクおヒゲついてないかな〜?」

 

呼ばれて振り返ったらこんな顔。

 

 

春になったら家族でイタリアンレストランに行こうと計画していましたが時期尚早かもしれないです、笑。

 

 

ちょっと苦しげなライオンくん。