非常時にそろえておきたいモノ

熊本や大分を中心に、大きな地震が起こりました。

この一週間、毎日揺れています。

そんな地震が起こったばかりなのですが今回の地震は

まだ「はじまり」の可能性が高いということも言われています。

 

大きな角度から見れば、地球ごと浄化される時期にきているのかもしれません。

なにも起こらなければそれでいいのですが、ただ不安になっていても仕方ないので、

一応、心とモノの準備をしておこうと、自分たちの経験とネットで調べた情報を元にリストを作ってみました。

 

《食料編》

3日分を目安に

◯水+あれば水汲み用ポリタンク

◯塩・味噌(醤油)・梅干・はちみつ

◯お米

◯缶詰、レトルト食品

◯賞味期限の長いもの(そのまま、またはお湯があればできるもの)

◯嗜好品(少しあるとホッとできる)

 

《日用品》

◯ウェットティッシュ

◯毛布

◯ビニール袋

◯割れないお皿やコップ

◯箸、スプーン、フォークなど

◯サランラップ

◯カイロ

◯携帯電話と予備電池

◯ライターまたはマッチ

◯ゴーグル・マスク

◯歯ブラシ(使えるか?だけど石けん・シャンプーなど)

◯手ぬぐい(または薄めのタオル)

◯あれば簡易トイレ

◯トイレットペーパー

◯ホメオパシーのキット(または健康補助食品・必要な薬など)

◯貴重品

 

 《さらに必要な場合は》

△おむつ等、赤ちゃん用品

△生理用品

△めがね、補聴器など

△子どものおもちゃ

△動物(ペット)の名札・写真・ゲージ・餌・水など

 

《着替え》

3日分を目安に

◯下着

◯動きやすいモノ

◯靴下

◯上着

◯雨具・防寒具

 

《その他》

何かあったらすぐ使える場所に置いておくといいもの

◯バール、ジャッキ・ハンマー・ノコギリ・ロープ(救助活動に)

◯テント

◯ブルーシート

◯七輪・炭

◯簡易コンロ・薪

◯鍋・フライパンなど

 

《枕元に》

◯くつ

◯軍手

◯懐中電灯(アウトドア用ヘッドライトでも両手が使えて便利!)

◯あればヘルメット

◯あればホイッスル

 

だいたい3日間を野外キャンプして過ごす、というイメージをするといいかも知れません。

あと心構えとして大事とおもうのは、被災しても依存心で心を満たさず、自力でできることをしよう!と思うこと。

 

人は水と塩があれば空腹感はあってもしばらく生きられます。

でも体温を下げないような方法を考えておくことは大切と思います。

低体温になると免疫力・抵抗力が極度に下がり、サバイバルする気力にも影響が出てくるので

夜の気温、天気の変化にも対応できるようにしておきましょう。

 

問題はこれらのモノを何に入れて、どこに置いておけばいいのか?ということ。

 

家屋が倒壊することも考えると、住んでいる建物とは別のところの置いておいた方がいいのでは?

ということで物置(またはそれに代わるもの)を探してみたりしています。

でも気に入ったものが見つからない・・・。

国産のメーカーは性能はいいのかも知れないけど、デザインに欲しい!と思えるものがない。

唯一これなら妥協できるかな、と思ったらサイズがない。でも、あきらめずに探し続けなければ!

 

「防災用」ってペイントしているものも、もう少しいいデザインがあってもいいのにね。