ペンキ

 

また改修ネタです。

(お店は営業しています)

 

今度はペンキ。

サンプルを壁に貼って、晴れの日、曇りの日、朝・昼・晩と眺めてみる。

結局この方法がいちばんで、その場所が選んでいるみたいに、馴染む色がすっと決まる。

 

FARROW&BALLというイギリスのペンキは発色も質感もとても良くて、おまけに匂いまで、食べ物みたいな香り。

こんなペンキ初めて。

 

イギリスの家は壁や窓枠にペンキを塗っているところが多いけど、一年中、曇りの日が多いから、

きれいな色、明るい色が求められて、それに応えるいいペンキがいっぱいあるんだろうなぁ、と想像してみたり。

 

 

お店を造った時は半分、外みたいなイメージで主役は商品だったので、ホームセンターにある

使い慣れたメーカーのペンキで、画用紙みたいになればいいと思って選んだけど、こんどの場所は「部屋」。

より天井や壁が目立つので、ちょっと贅沢してみた。

ペンキの概念が変わって、いろんなところを塗ってみたくなっています、笑。