スマホとテレビと更年期

みなさんはスマホ、使ってますか?

 

ウチは昨年、解約しました。

iphoneなのに電話契約のみ、しかも夫婦共有。

私たちみたいな生活だとそれで困ることもなく。

 

これで電磁波の心配もなくなり(手にビリビリを感じることもなく)

年間6万円ほどセーブしてることにもなる。

スマホで自分の情報が筒抜け、というのも気味が悪かったしね。

 

あの小さな画面での操作が最小限で済むのもラク。

 

こうやって世間とのズレをますます大きくしているような、

閉じていっているような気もしますが、まあいいか、、、。

 

狭くても、閉じていても、腑に落ちるかどうかが大事、

と最近よく思います(年かな?)

 

スマホを否定しているのではなく、みんなが持っていても

自分に不要だったら、入手しないでいい、ということ。

どーでもいいことのようで大切なポイントですね。

 

 

そして、ウチにはテレビもありません。

でも100インチのスクリーンがあって、それで映画を観たり、

youtubeでアップされた番組を選んで観たり家族はしています。

 

暗いニュースや、殺人事件の詳細や、芸能人の不倫とか、

政治家の不祥事とか、そういうことでいちいち気分を乱されずに

すむのがなんたって最大のメリットです。

 

世の中には、もっと楽しいこと、素晴らしいこと、美しいこと、

美味しいことがたくさんあるのだから、そっちに意識がある方が

同じ人生、何倍楽しいかわからない。

 

ほんとうに大切な情報は自分でつかみとりにいけるもの。

誰かが選んで編集して流されている情報は、なんだかうさんくさい。

 

そういうわけで、あんまり芸能人や流行?も知らないで生きている。

少し前に武井咲ちゃんが上毛町で撮影していて、おくなが屋にも

来てくれたそうです。そうです、って後から人に聞いたけど、

ぜんぜん気づかなかった、笑。

 

テレビないから、見慣れてない。

 

きっと、可愛かったんだろうな、でも無名の?お客さんでも

可愛い人いっぱいいるし、こちらからしたら一緒。

 

あのですね、50歳過ぎたら、若い人ってみんな同じに見えてしまう

ところがないですか?まだ顔に内面が反映される前の顔と、

人生のあれこれを味わったり克服したりしてきた顔とは違うというか。

 

山登りでも2合目までの人と、

5合目過ぎた風景を見ている人とちょっと違うように。

 

 

結婚前に夫の飲み友だちをしていただいていたキムさんの奥さま、

漫画家の植村さとるさんの本が好きで読みます。

実は漫画はちゃんと読んだことないのです。

自立がテーマな感じは知っていて、それが私にはもう自分に重なり過ぎて、

もうあえて、あらためて漫画でおさらいする気持ちが起こらなかった。

 

でも本だと予習感がある。

それによると、50代はタイヘンらしい。

更年期、ということなのだが、これがまだ私には実感がない。

 

これから来るのか?素通りしてゆくのか?

 

なんたって世間と人生の時間もズレているから、まだ子どもが

巣立つわけでもなく、自分の変化を感じている余裕がないのか?

 

いろいろ考察するに更年期というのは人によってかなり差があるらしい。

それで、肉食の人、食べ過ぎている人、心がぽっかりしている、冷えている、

汗をかかない、そういうタイプに症状が重いことが多い、という話も聞く。

 

そういうことがホルモンに影響するんだろうか?

 

でも、似合う服、着られる服は、変わってきますね、これは確か。

60代になったら着れそうなものでも、中途半端な年齢だと無理!

でも、こういうのもなんかおもしろい。

 

変化は飽きない。

 

失われていくものがある代わりに、増えていくものもあるし、

若い時には見えなかったり気づけなかったことがわかってきたり、

この年齢まで生きててよかったと思うことがいっぱいある。

 

歳をとるほど、どんどん自分になっていきたいものです。