2019年は自然災害に気をつける

聞いている方も多いと思いますが、今年2019年は自然災害が多発すると

いろいろなところで言われています。占星術でも星の位置が311の時

とそっくりだったり、アカシックレコードにアクセスして予言する人に

聞いても、TEC値など、どこから見ても可能性がとても高いようです。

だいたい、亥年というも歴史的にみて大きい地震が多い年。

 

巨大地震、噴火、津波、そして経済の衰退...。

その結果、東京オリンピックも中止になる?など。

 

近々で言われているのは3月下旬。

シャク歴でも地震のエネルギーが解放されるとあり、それは日本かもし

れないし、海外かもしれませんが、どちらにしても気候変動も連動して

今、地球は調整の時期に入っているようます。

 

一方で、かつての分離(競争や戦争)の時代から今はワンネスの時代に

入っているため(人の意識で未来が変わる傾向が大きくなっているから

?)か、予言はむずかしくなっているとも言われている時代とも言われ

ますが、

 

それでもやっぱり何か調整や浄化のための痛みや変化をともなう出来事

というのはある気がします。例えると海でサーフィンをしているときに、

まだ目視はできていないけど、もうすぐ今までにない大きな波が来る!

という空気を勝手に感じているような...。

 

 

311の時、なにか、それまで握りしめていた意識が飛ばされてしまい、

それ以後はすっかり別の世界で生きているような経験をしているので、

それが今度はもっと大規模に起こるんじゃないかと想像しています。

 

災害をむやみに恐れても意味がないし、予想がその通りになるのかは、

誰にもわかりませんが、どちらにしても、今の世の中に矛盾や閉塞感を

感じているならば、今後、不意にやって来る変化に対しての心の準備は

しておいた方がいいかもしれません。「一体、どうやって?」と訊かれ

たら、自分との対話をしておくことをお勧めします(マジメに)。

人生での優先順位や、本当に大切なもの、など。

 

今まで握りしめてきたものは本当の目的なのか、それとも手段の一つな

のか(見極め方は目的は変更不可だけど、手段は可能)。その握りしめ

ているものとは、家族や人間関係、不動産や持ち物、価値観、仕事、今

住んでいるエリアなど。

 

耐震構造のチェックや避難用リュックの準備、食料の備蓄も大事ですが、

サバイバルのためにはメンタルを鍛えておくことも大事。指示待ちグセを

脱して、臨機応変に動けるように訓練しておきたいものです。経験のない

大波がきても、今までのトレーニングでなんとか乗り越えていけるように。

 

「今」と「もしも」のバランスは常にテーマですが、もしもの時にも役立

つスキルを今にも生かした暮らしっていうのが結構いいんじゃないかと思

います。