今月の個人的なまとめ

10月もあと少しで終わり。

実は今月に入る前、本当にこの10月の大事な予定をすべてちゃんと

こなせるのか?!とかなりドキドキして迎えた月だったのですが

やっと先が見えてきました。

 

外カフェのスタート

新しい講座3つスタート

子どもの転校

(おまけに夫まで新しい仕事が始まり)

ホメオパシーの個人セッションもあり

京都で国際セミナーもあり

ホームスパン 2020年春夏の服の発注もあり

翌週は東京での諸々の用事もあり

 

それと平行して部屋の改装もスタート。

これもお任せでなく図面や電気や細かいことも

こちらで決めて進めるという...。

これもこだわっておしゃれな部屋を、と飾り的なことでなく

ひたすら実用的に気持ちよく使えるようにするという使命があり。

 

ふだんはなるべく忙しくならないように(忙しいのは百害あって一利なし!

俯瞰してものを考えられる余地をなくしたくないというのもある)、

だから、こんなに大事な予定を集中させることはなかなかないのですが

今月はたまたま日程が変えられないことが重なった。 

 

それでそんな時の戦略としては、もう翌週のことは考えないようにして

ほとんど今日だけに集中するようにしよう!と決めました。

 

この年齢にして、やっとそういうふうに心と体をバラバラにせず

共にして出来るようになったのがけっこう嬉しい。

 

途中、軽い気管支炎の時期があったにもかかわらず、キャンセルもせず

むしろ集中して得るものを得ることができたのも昔じゃ考えられない。

もう年の功ですね!笑 自分の操縦がうまくなりました。

 

そして、そんな時期というのはまたさらにいろんなことが同時に起こる。

なんだか、すごい出会いもたくさんあった。

この一ヶ月があまりに濃くて、別のゾーンに入ったかのような気分。

こっちの電車に乗ってしまったら乗り換え前の電車はもう見えない。

 

部屋を片付けたり、モノを処分したりすると運命がグンっ!と動くのを

何度か経験しているので覚悟はしていたけど、それが早々に始まったのか、

あとは1ヶ月前に摂ったレメディーの作用もじわじわきている気がする。

 

だから時間が足りなくなりそうなスケジュールでも

その瞬間は十分にある、という感覚で過ごせるようになったのと

不要なものを必要と思う勘違いがなくなって随分ラクになりました。

 「今、ここにいる」という実感に到達するのはなかなか簡単そうで難しい。

 

って、いいながら、今月はもう一つあたらしいドアを開ける予定。

もう今はそういう時期なんだ(と腹をくくって)

たいへんそうではあるけれど、楽しみにノブを回して入っていくのだ。