ホメオパシーガイド

ここのところ、お問合わせが増えてきたのでまとめて書いておきます♪

レメディーキットを持っている方は参考にされてください。

 

まず、ホメオパシーではレメディーを選ぶのに「病名」ではなく「症状」をみます。

今回の新型ウィルスによる肺炎もどんな症状なのかがわかれば対応可能です。

恐がる必要はまったくありません。

 

現代医学では頭痛は頭痛薬、風邪には風邪薬、肺炎にはワクチンと病名に対して

症状を強制的に抑える手法をとりますが、それ以外の自然療法は免疫力をあげて

症状を緩和していくか、うまく通過させて本物の免疫をつける方法です。

 

ホメオパシーも同じです。

「その症状を起すものがその症状を癒すもの」という医学の父ヒポクラテスが

唱えて以来、その原理を元にして発展,確立した療法で、歴史上パンデミックには

もっとも効果があることが証明されているのは前のブログに書いた通り。

 

 

まだコロナウィルスによる肺炎の症状についての情報があまりないので特定はできませんが

世界のホメオパス(ホメオパシー治療家)たちの情報を集めると

 

かかり始め⇒ Acon.

空咳⇒ Bry.

衰弱⇒ Gels.

恐怖心⇒ Ars.

 

がおすすめされています。

風邪やインフルエンザと同じですね。

「新型」肺炎と言われるとなんだか得体の知れない怖さを感じますが

ホメオパシーはシンプル(&安価)です。これからさらに詳しく特有の症状が

わかってくればレメディー選びがもっと絞られてくるでしょう。

 

同時にこの中でご自分の全体像に近いものがあれば予防にも使うことができます。

ただし摂り過ぎには気をつけてください。

キットに中にある30Cを月に一度、摂るのがいいようです。

カモミールティーも飲み過ぎると興奮して眠れなくなるように

ある臨界点を超えると本来はなかった症状が現れてしまうことがあります。

 

もちろん、症状が現れるまで摂らないというのも全然アリです。

そもそもこの世には、すでにクスリの効かないウィルスはゴマンとありますし

コロナだってすでに拡散されているはずで、それでもかからない人はかからない。

 

ニュースや報道も一種のエネルギーです。

そのエネルギーを浴び続けるより距離を置いている方が罹患率は低いかも知れません。

世の中が騒がしいときほど、そこから距離を保ち自分のペースで過ごしたいものです。

 

地球上に幾億もある菌がバランスよくあればいいわけで、やたらに除菌に励むから

そこに強い菌がきたときに暴れてしまう。菌は適度にあった方がいいのです。 

 

一人一人が抵抗力・免疫力をつけるような生活習慣、ものの受け止め方考え方、

ストレスへの対応法などを整えていれば、流行病に限らず何が起こっても

ビクともしなくなっていくのがホメオパシーです。

 

ホメオパシーの健康観は病気の原因はウィルスなど外側になるものではなく

真の原因は私たち自身にその土壌があると考えます。

おそらく自然療法はホメオパシーに限らず同様でしょう。

 

「外側に敵がいる」という考え方はその先に戦争を感じさせます。

 

自然の摂理はそんなふうにできていないと思います。

そうではなくて私たちに病にかかりやすい土壌があるから感染するのです。

病気になるのが悪いと言っているわけではありません。必要があるから罹り

それを克服することで体質のカルマを消化するーというようなイメージです。

 

アトピーもウィルスも病気も何かのメッセージのようなもの。

肺炎のウィルスや花粉症の花粉やアトピーのアレルゲンは誘因に過ぎません。

そういう健康観が基本になっています。