直感で

何の為か、どんな責任感だか、ブログにはギリギリまで書くよ

うにしていますが、ここが誰でも自由にアクセスして読めると

いう場所である以上、いくらこんな隅っこの方でやっているブ

ログでも書ききれない内容もいっぱいありまして、さらに文章

力の問題もあって言葉だけでは伝えきれないこともあったりし

ますし知る準備ができていない方にはタイミングの問題もある。

 

そんなこともあってオクコトバ(お話会)やいろいろな講座を

始めて3年経ちました。この春からは4年目に入ります。

 

これから私たちは今まで経験したことのないような世界をくぐ

ることになると思います。こういうことを書くと予言ですか?

と訊かれたもするのですが(笑)どちらかというと勘です。

 

テレビや新聞などをあまり見ないかわりに少しリサーチ的なこ

とをします。その中で今までの経験に照らし合わせた時に「む

む」と引っかかることが出てくるんですね。

 

誰でも大なり小なり、そういうことってあると思いますが、不

自然なものをなるべく減らしつつ自由に生きているぶん、野生

の勘が発達するというのはあるかも知れません?

 

英語ではClairvoyanceというそうです。

英和辞典では透視、千里眼、霊媒力ともありますが、私の場合

はどちらかというと洞察力、直感的明智の方の意味です。

 

なんだかオカルトっぽく証明しにくいことなので、こういう事

を言うのは憚られる気もしますが、ホメオパシーのレメディー

を摂った時の反応も後押しして自覚するしかなくなりました。

 

運動神経のいい人がスポーツ選手になるように、

文章力に優れた人が書く仕事につくように、

絵が上手な人が画家になったり、

体力が人一倍ある人が肉体労働をしたり、

味覚に優れた人が料理人になったり、

優れた聴覚が音楽や語学に生かされたり

考える能力に優れた人が学者になったりするように、

人はやはり与えられた能力を使って自分のため、

周りのために何かしら表現しながら生きていく。

 

だとしたら私はまだまだ三流かも知れないけれどClairvoyance

を使わなければいけないのではないかと思うに至ったわけです。

 

 

人口の少ない地方に暮らしていると尚更、あるものを最大に生

かして生きていかないと!と思いますし。

 

そんなわけでして、春からの講座に「!」となった方はどうぞ

飛び込んでみてください。直感で動くというのも大事ですよ:)