市民レポーター

大きなメディアの流したニュースの現場に

翌日、市民がレポーターとして真偽を

確認に行くというアメリカの動画。

 

 

こういうのを観るともう何が本当かわからない。

911の時も311の時もそうだったことを思い出す。

 

 

そして新型インフルエンザといってもよかった感染症に

今回は新型コロナウィルスと固有の名前をつけたこと。

 

通常のインフルエンザの流行の時以上に感染者の詳細や

感染経路や死者数をことこまかに報道していること。

 

PCR検査だって不完全なのに、どうやって感染症&肺炎

全体の中からどこまでを新型コロナとカウントするのか?

 

など、謎がいろいろ。

 

新型コロナウィルスがないと言っているわけではないですよ。

あるんだろうけど盛られすぎていないか?ということです。

 

ただ社会全体がパニックになっているだけなのか

何か意図があるのかわかりませんが、そんなことも

ふまえて落ち着いて行動していきたいですね。