悪法も法なり

ひさしぶりのブログです。

ここ最近はいろいろと変化が多くて

一月前のことがずっと前のことのような。

 

7月8月は営業時間を少し変えて短くしたけれど

逆にすることや考えることは増えている。

 

その中で一番、大きいのはコロナ禍の影響で

問い合わせや通販がぐんと増えていること。

時代が変わってきているのを日々感じている。

 

私たちも住む場所を田舎に変えて以来、通販はけっこう

利用していて、それは近くで手に入らないものだから

だったけれど、それが今は住む場所に関係なく

むしろ便利な場所だったはずなのが、ステイ(犬か?)

という新しい常識ができてどこも同じ条件になっている。

 

どこかに入る時にも予約や入場制限や体温計や消毒とか

って正直、面倒ですしね。

 

大きな声では言えないが、私はコロナには早いうちに

感染した方がいいと思っている。そうすれば本物の

免疫がつくからだ。

元気な人からどんどん免疫をつけて人口の7〜8割に

免疫がつけば集団免疫がついてウィルスは弱体化する。

 

インフルエンザより感染者も重傷者も致死率も

圧倒的に低い風邪がSARSやMARSと同じ

感染症の第二類に分けられてしまったことを

国が早く訂正すればいいこと、らしい。

 

もっと小さな声でいえば「感染の媒体にならないように」

する行動は深く考えず、とりあえずムードで決められた

社会常識に合わせているだけで解決を先延ばしにして

いるだけに過ぎない。ワクチンはまた新たな問題を作る。

 

悪法も法なり?

 

感染した人が悪いことをしたように謝るのもヘン。

むしろ集団免疫を担ってくれた人とも言えるのに。

有名人ほど、新薬や人工肺の宣伝に使われて。

いずれ、ワクチンの宣伝にも使われるのだろう。

 

本当にヘン!