死は悪いことではない

死を迎えることは悪いことではない。

「死」にあれこれと色を加えているのは人間で

「死」自体には良い悪いもなく自然のサイクルの一つ。

生まれた以上、いつかは誰でも死を迎える。

 

人生の長さも死に方も人それぞれで

そこに判断を加えすぎるのも無意味な気もする。

こちらにはわからない命の法則みたいなものが

働いているような気もするし

死後の世界だって想像でしかない。

 

それでも死に際になると、人生を振り返って

これで良かったのかと本人もまわりも

あれこれ思いを巡らしてみたりする。

 

だったら、生きているうちに、これでいいのか?

考えておくべきなんだろうと今回の父親の件で

あらためて思いました。

(まだ回復に少しの可能性はあるけれど)

 

人生、好きなことをやりきった感があるほど

未練なく次に移行できるだろうし

まわりも余計な悲しみ方をしないですむと思う。

 

それが終わっていないのに次に行かされると

悲しさや悔しさが増大してしまう。

 

寂しさや喪失感はあるし人の関係のバランスも

変わって、新しいバランスの安定までには

克服していかないとならないこともあるだろうし

生き死に関わることはいろいろ大変。

 

宇多田ヒカルの「忘却」という歌の歌詞の最後に

「いつか死ぬとき手ぶらがbest」というフレーズ

があるけれど、それはモノだけでなく

握りしめていたモノもコトもすべて手放すこと。

「死」は解放の状態に至る道なのだと思います。

 

 

命の重みって何の重みなんだろう。