深呼吸

今年の元旦は京都で迎えました。

年末は両親の家の片付けに。

前日の大晦日はテイクアウトしたものあれこれを

ホテルのテーブルに並べて、怒涛の一年を

振り返りつつ、紅白と、娘が繋げていた

嵐の最後のコンサートを観て過ごしました。

 

かれこれ10年以上テレビのない生活をしていて

その前は日本にいなかったし紅白はほんとうにひさしぶり。

あの昭和的な「型」がいまだに健在しているんですね。

なぜ紅組と白組で勝ち負けを決めなきゃならないのか?

(どっちに入るかむずかしい人も増えている時代だというのに)

意味不明でしたが、歌というものはいいですね。

 

無観客なのも、コロナ禍を乗り越えるという大きな

テーマがあるため、全体の方向性がはっきりしていて

逆に番組としてはよかった気が。コロナのおかげ?

 

それにしてもテレビの中の世界は

すべてが「報道されているコロナ禍ありき」の設定で

あらためてこれではテレビを観ている人は

コロナをそりゃ恐ろしく思うだろうなと思いました。

 

ウィルスなど実際にはいくらでも怖いものを

バラ負けるし、変種だってどんどん現れるし

マスクやワクチンでは追いつかないのは

誰でもどこかでわかっているだろうに、

それが放送で感情込めて伝えられると

その雰囲気がリアリティを持ってしまう。

これはコロナに負けない感染力なのでは。

 

感染予防より重症化予防の方に舵を切らないと

受身的な予防ばかりじゃ、永遠に解決しない。

集団感染して免疫をつけて克服するしかなくて

どうしてそこをちゃんと言わないのかな。

 

基礎疾患のある場合は感染にも気をつけなければ

ならないけれど、大半の人は感染しても重症にならない

ように免疫を上げることに重心を移さないと。

 

行き過ぎた予防対策はかえって免疫を下げる。

マスクだって選び方によっては漂白剤の染み込んだ布を

ずっと吸い込んでいるわけだし、呼吸も当然浅くなる。

ほんとうだったら、マスクを外した状態で深呼吸したり

腹式呼吸を意識してした方がずっと免疫力が上がる。

 

薬品消毒も問題。常在菌全体のバランスを壊すので

自然の作用としてはかえって悪い菌を強化することにつながる。

だったら子どもは泥遊びでもいっぱいさせて

大人は庭作業や農作業をした方がいい。

 

その前に柔軟剤など合成香料の使用をやめることの方が

ずっと大切だし効果的。

 

隔離のし過ぎもメンタル面でどんな影響があるのか。

感染から守るという名目でかえって人の体に備わっている力を

弱めていることがどうしても気になる新年の始まり。

 

職場や学校での集団生活では仕方なくても

個人の生活ではマスクを外して深呼吸でもして

がんばって免疫力あげていきましょう。