マスクの弊害

酸素は人間が生きていくうえで絶対に必要なものです。

5分なかったら死に至る。

その次が水。

食べ物は数日なくても生きていられます。

 

とくに子どもの脳はフレッシュな酸素があってこそ

新しいことを学ぶことができるし

成長もするというものです。

 

それが今はマスクが義務のような世の中になり

酸素が十分に脳にいかなくなっているという

統計がではじめています。

 

親、教育関係者、そして医療従事者は

その辺をよーーく考えなければ

いけない時にきていると思います。

 

ドイツの大学から

「子どもたちのマスク着用が始まってからの

心身の変化」を調べた論文が発表されました。

 

25930人の子どもを対象にした調査によると

子どもたちのマスク着用の平均時間は1日4時間半。

そのうち68%の子どもにおいて障害が報告されています。

 

頭痛 53%

不快感 50% 

集中力の低下 50%

幸福感の低下 49%

幼稚園/学校へ行きたがらない 44%

倦怠感 42%

学習障害 38%

眠気 37%

息切れ感 30%

めまい 26%

失神 21%

動きたくない、遊びたくない 18%

 

このほとんどは酸素不足に起因していると思われます。

それに対してドイツの神経科医も警告を鳴らしています。

  

「感染症対策として最も大切なことは

おいしい食べ物と良い水の摂取で、

たくさんの運動、人との関わり、喜び、友人との愛、

そして何よりもたくさんの新鮮な空気が必要です。

 

それらを通じて、

私たちは免疫システムを強化することができるのです。

それなのに、ドイツ政府は、私たちにマスクを強要しています。

マスクによる私たちの呼気の再吸入は、

間違いなく酸素欠乏と二酸化炭素の氾濫を引き起こします。

 

人間の脳は酸素欠乏に非常に敏感であるため、

たとえば海馬の神経細胞は、

酸素がないと3分を超えて生き残ることはできないのです。

 

急性の警告症状は、酸欠の頭痛、眠気、めまい、

集中力の低下などがありますが、

慢性的な酸素の剥奪の日常で、

人々はそれに慣れていくために、

それらのすべての症状が消えます。

しかし脳神経の効率は損なわれたままになるのです。

 

脳の酸素不足は進行し続けます。

そして、子どもにとって特にマスクは絶対に良くありません。

子どもと青年は非常に活発な適応免疫システムを持っています。

彼ら若い人は脳も非常に活発で、学ぶことがたくさんあります。

 

若者たちの脳は、常に酸素を渇望しているのです。

子どもは、すべての器官が代謝的に活発であり、

マスクは、子どもの脳から酸素を奪います。

 

現在のように、

子どもたちの酸素を制限することだけでも絶対に犯罪的なのです。

それによる脳の損傷は元に戻すことができません。」

 

ということで、大人がマスクをするのは仕方ないにしても

感染率、重症化率、死亡率、そのすべてにおいて

インフルエンザ以下のコロナ感染症に対して

子どもや学生にマスクを義務付けるのはやめて欲しいものです。

 

最近じゃ、山の中や誰もいないところでジョギングしている人や

車の中でまでマスクしている人が増えていますが

酸素不足で思考が停止しちゃっているんじゃないかと心配です。

 

スマホとマスクで育った子どもの将来はどうなるのでしょう?

成長期の脳の損傷は基本的に戻らないそうです(!)

 

感染予防より、まず免疫力、抵抗力を普段から心掛けるのが先で

粗悪な食事、タバコ、柔軟剤(経皮毒)、睡眠不足、ストレスなど

には目をつぶり、マスクや消毒液に走るのは順番が違うと思います。