卒業

クラシカルホメオパシーの学校を卒業しました。

5年前にイギリスにあるスクールを修了して

一応、英国での開業資格は取れたものの

もっと実践的なことを学びたかったのと

日本で一緒に学ぶ仲間も欲しくて

たまたま見つけて「いいかも?」と思った

日本の学校に編入させてもらっていました。

 

睡眠不足のままお店に立ったり

子どもの学校の用事をすっかり忘れたりでしたが

(そういえば今年は息子も小学校卒業だった、笑)

おかげさまで、期待通りの授業内容と

とても個性的なクラスメイトに恵まれて

手応えのある時間を過ごすことができました。

・・・勘がしたら行動してみるものですね!

 

勉強している場が、ジャッジされない、序列もない

という世界だったのも、すごくいいもんだと思いました。

 

日本の多くの学校はすでに答えが用意されていて

そこに入ると⚪︎、外れると×という世界があり

そこへ最短で着くことが良いとされています。

 

でもじつはそれが精製された栄養不足の塩のような

人間を作ってしまうんじゃ?と考える者としては

歯がゆさがあったりします。

 

だけど見えないエネルギーを扱う医療の世界では

幸いそんなに単純ではなく、五感をフル稼働して

受け止め、全力で考えるという作業の繰り返しで

それは心身=自然を相手にした作業としては

当然のことで、自然農などと同様、

決められた答えなど存在しようもなく

成績や序列をつける意味もなく

ただただ、お互いにいい刺激を与え合いながら

いい距離感で切磋琢磨できる場だった気がします。

 

大人になってから、こんな世界に身を置けるのは

すごく恵まれているというのも実感しました。

 

経済的に自立していて、勉強する時間も作れて、

ある程度の医学的知見とセンスがあり、

みんなそれぞれ能力を開花させている方たち。

 

私はそんな中に情熱だけで飛び込んでしまった

野鳥のようで(笑)、いまだに化学の周期律表を

眺めては、世の中にこんなものがあったなんて...

状態ですが、みんなと出会えてほんとう嬉しかった。

探究心のある仲間の存在は一生の宝物です。

 

・・・

そんなこともあり、これからはホメオパス活動の

割合が多くなっていくことと思います。

 

ホメオパシーって結局なに?という疑問にも

いろんな角度から答えていけたらと思います。

 

偏見や先入観なしで受け止めていただければ幸いですが

この世の中、色メガネが仕方のない面もありますし

タイミングもあるので闇雲に勧める気はありません。

 

HPやブログもお店と分けようかと迷いましたが

人を診るときには部分だけでなく全体像を診る

のが肝心なホメオパシーのこと。

 

自分の発信するものもとりあえず分けずに

やってみることにします。