乳がんと牛乳

お店を始めた頃のブログでも紹介したことがありますが

あらためて「乳がんと牛乳」。

 

 

ホルモン系の癌の大きな原因の一つに「牛乳」があると

いう実体験の本です。もちろん乳製品に対する感受性や

向き不向きは個人差がありますし、その乳製品の

作られた過程によっても影響の差はあります。

 

しかし、それでも避けたほうがいい食品の一つです。

嗜好品としてたまに質と量に注意して摂るのはいいと

しても健康を考えるなら一読をおすすめします。

 

今は豆乳の他にもオーツミルク、アーモンドミルク、

ライスドリンクなども手に入りやすくなっているので

それほど、無理をしなくても避けられます。

 

問題は学校給食ですが、そもそも口に入れるものを

自由に選べるというのは人権で保証されていること

なので、先生や学校から教育の名の下でみんなと

同じもの、しかも与えられたものを食べなければ

いけないというのは、扱われ方が奴隷と一緒。

本来は堂々と断っていいのです。

 

 

ガンについての相談は絶えません。

 

知っても飲む、というのは自由と思いますが

知らないで医療のベルトコンベアーに乗せられ

本来は簡単に治るものを複雑にしているのは人間です。

 

ガンは撲滅すべき「敵」ではなく、人体を守るために

起こる作用です。敵として攻撃すれば、その人を守るため

再び悪い細胞を安全な臓器に集めて癌を作り

起動修正する時間を稼いでくれているのが癌です。

 

ところが私たちはそれを「再発」と呼び

忌み嫌いがちです。でもそれは自分の一部。

自分の一部として発生した癌なのですから

自分が変容すれば自然と消えていきます。

 

不自然な生活をやめて

できるだけ自然に沿った生活をすること。

 

・食事

・ストレスコントロール

・冷え・低体温の解消

・電磁波対策

 

この4つが肝と思います。

 

それからやっぱり自己コントロールの強い人は

ガン体質になりやすいといわれています。

よく、マジメな人はガンにかかりやすいなど

といわれたりするのも同じことですね。

 

ということで不真面目な?エッセンスも取り入れて

笑いながら楽しく生きることも大切です!