洗濯洗剤

10年程前、SANYOから「洗剤のいらない洗濯機」と

いう画期的な洗濯機が発売されたことがありました。

もちろん洗剤を使って洗うこともできるけど洗剤不要

コースを選ぶと超音波で衣類から汚れを剥がし

活性酵素が汚れ成分を分解して除菌・消臭もする。

 

さすがに泥や油汚れまでは完全には落ちないけれど

汗や垢など、着たから洗う、使ったから洗うという程度

であれば環境を汚さず、コスト削減もできるので

その洗濯機は大ヒット。

洗濯物の汚れ具合や、肌が敏感な人、赤ちゃんにも

洗剤の有無の使い分けを推奨したことが消費者に

喜ばれたのです。

 

ところが花王、牛乳石鹸、サンスター、資生堂、

バスクリン、P&G、ライオンなど洗剤メーカーの組合である

日本石鹸洗剤工業組合がその洗濯機で実験を行い「汚れは

落ちていない」とメディアを使い大々的に報道。

なぜか国民生活センターもそこに介入し「石鹸や洗剤が

ないと汚れは落ちない」という判定をつけて論争は終了。

その後、三洋電機は会社ごとなくなりました。

 

 

先日の「マグちゃん」の報道にも同じものを感じます。

現在、消費者センターに「いや落ちてる、脱臭効果も

ある」という声が多く届いているそうですが

どうなることやら。

 

この梅雨前の、部屋干しが増える季節の前に

マグネシウムだけで洗濯ができて、除菌・脱臭が

できたら都合の悪いメーカーも多いでしょう。

 

結局は、自分の目と鼻を使って確認するのが一番です。

突かれた内容をよく見るとエビデンスを取るための

実験方法について言われているだけなんですね。

 

確かに、マグちゃんを販売している宮本製作所は

電話をかけても折り返すと言ったまま、そのまま(笑)

という会社でしたが、今回の反応は早くて(!)

実験し直します、パッケージも問題のない

(=大手メーカーの既得権に触れない?)ものに

変えますと自主回収をしているので

おくなが屋でも新しいパッケージになったら

また販売は続けると思います。

 

 

それより!合成洗剤が難病の原因になっていることや、

柔軟剤の香料が肝臓を弱らせ、長期間、使用している

人は肌の色を見ただけでわかる、という事実は

いつになったら常識になるんでしょうか。

 

自然食を食べているだけでは、ダメなんです。

環境を汚染する生活をする限り、水や土壌が汚れ

そこで育ったものを食べて私たちは

生きているのですから。

 

そんなふうに環境を汚しながら利益を得るという

経済は過去のものになりつつあると思いますが。

 

もし、そこのメーカーで働いている方がいたら

気を悪くされるかなと思いつつ、でもライオンはじめ

経営者は自社製品なんて使っていないですよ。

何が入っているかわかっているから。

 

目覚めましょうね。