習慣と好奇心、そして懐疑1%

ある方の知りあいが2人同時期にコロナに感染した。

始まりの症状は同じようなものだった。

 

その方はホメオパシーのレメディキットを

持っていたので「こんなものがあるけど試してみる?」

とその方たちに声をかけた。

 

1人の方はアーニカという最もよく使われるレメディを

知っていたので馴染みもあって試すことを選んだ。

 

ホメオパシーは現代医学のような「標準治療」という

ものはなく、一人一人の全体を診て判断する個別性が

特徴なのだけど、コロナのような集団感染するものに

関しては別。多くの人が同時期に罹る急性病ということ

で大まかな指標がある。

 

ホメオパシーを公に採用している国だと日本でいえば

厚労省にあたる行政機関が予防にはこのレメディ、

感染にはこのレメディとプロトコルが発表したりする。

(そういう国には医療利権がない...笑)

 

で、ちょっと宣伝のようになるけれど

ここでしているセルフケア講座でもコロナに対して

処方されるレメディの情報をシェアしている。

それで、その方もその通りに3種類のレメディ

ABC(*レメディの頭文字ではありません)

を知り合いの一人に送った。

 

結果、その方はAとBを1粒ずつ摂って復活。

Cレメディまでは至らず普通の生活に戻ることができた。

一方、「標準治療」のベルトコンベアーに乗った方は

人工肺をつけて3週間の入院。その後、

自宅に戻ってもまだきつい状態が続いているそう。

 

この例だけをみて何かを断言するつもりはないけれど、

(でも、私がセルフケア講座を続けようと思うのは

こんな時。9月からもがんばります:)

 

これからの時代は現代医療に頼りすぎず免疫力の上がる

生活を習慣づけること、本当に必要な情報を自分から

取りに行く好奇心と勇気がサバイバルの決め手になる

のでは?と思いました。ホメオパシーに関わらず。

  

でも大事なのは100%信者にならないこと。

最低1%の懐疑は残しておく。

 

その1%でさらに探求に導かれるかもしれないし

もし間違っていたら軌道修正もしてくれる。 

  

ホメオパシーの世界だって、実はさまざま。

ここでも一般化された「名詞」で判断するのではなく

細かく見ていく「個別性」が大切だなと思います。