君子でなくても危うきに近寄らず

今月のセルフケア講座、終了しました!

 

参加された方の中にも多かったのですが、今の時代、

摂取を受けしない人の肩身がだんだん狭くなっている

ようです。

 

打たない人にとっては今回のワクチンに対する根強い

不信感があり、摂取を受ける側にとってはコロナ収束

には一人でも多くの人がワクチンを打つ方がいいとい

う思いがありその溝はどこまで行っても平行線。この

不本意な溝が見えない分断を生んでしまっています。

 

個人的にはとくに若い人はやめておいた方がいいと思

っています。それは若い人ほどコロナ による重症化や

死亡例がほぼないこと。それに引きかえワクチンの悪

影響の方がまだ未知な部分が多く大きそうということ

で。

 

良心的な医師や専門家、そして実際にビルゲイツの資

金源のもとでワクチンを開発していたトップの人でさ

え今や「このワクチンだけは決して打ってはいけない、

大量屠殺兵器だ」とまで言い出しているのですから、

なにやら物騒な背景が見え隠れしているのが、怪しく

感じています。

 

アフリカの国々ではコロナなんてない!ワクチンも必要

ないという認識が強く、だからマスクなどの対策もない

ようですが、そのリーダーでもある大統領たちが、この

2年間で立て続けに6人も「突然」亡くなっています。

要職につくくらいの健康な人が2年間で6人...。共通し

ていたのは全員、国民のワクチンに反対だったこと。

しかも7人目と思われた人は2度も暗殺の危機があった

ことを公言しています。

 

しかし一般常識のバイアスが強い人にとっては、そんな

情報さえ目にも耳にも入りにくくなっています。

目の前の煽られるコロナの恐怖、同調圧力の方が判断

材料として大きく迫っているのでしょう。

 

 

明治以降、西洋医学を第一医学とした政策のもとで生ま

れた常識(あたりまえ)は症状が出たら医者に任せると

いうものでした。医者は身体についての知識が自分より

もある優秀な人であることが前提。勧められるクスリや

手術は最善の提案に違いないと信じる習慣。

 

もちろん、それが当たるときもあるでしょう。

しかし盲信はダメです。

 

その結果、医療費が年間43兆円超。国民一人当たり

年間34万円。乳児から高齢者まで国民一人当たり、

毎月28500円を(代替療法はほとんど含まれてい

ない)医療費に行く税金として収めているのです。

 

ちなみに国家予算の年間16兆円(医療費の36%)が

あれば子どもの教育費が完全無料化が実現するそうです。

いやー、普通に考えて教育費や学校で出される食事の質

をあげる方に回そうよ、と思ってしまいます。

 

優秀な「はず」の政治家の集団がなぜそんな簡単なことを

実現できないのか.......ほんとうに根深い闇!

 

というわけで、明治から続くあたりまえの習慣をそろそろ

変えないといけない時期がきています。

 

病気のことは医者に任せるというスタイルは決して普通の

ことではありません。医者に任せるのは直接、命に関わる

緊急時や、どうしても動けなくなって助けが必要な時。

風邪や慢性病は緊急ではないですよね。

 

まずは自分でできるところで生活習慣を整えたり、昔から

ある手当て法を試してみたり、情報を集めたり、勉強して

取捨選択していくことです。

 

人の身体は小宇宙といわれるくらい、わかっていないこと

がたくさんあります。簡単に明確な答えなんて出ません。

 

今まで受けてきた教育、テストには正解の答えがあったの

は受験で人を選別する時にそれが簡単だったから。実際の

世界では問いを解くのに時間制限などないし、一つの正解

が用意されているとは限りません。

 

だけど何年もそういう世界にいると、そのクセが抜けない

人が多すぎる(!)答えを知っていそうな人にその答えだ

けを教えてもらえばいい。なぜ、そうなのか?という所は

考えないからいつまでも本質に辿り着けないまま歳だけを

重ねる。

 

 ホメオパシーのレメディでワクチンの毒だしができるから、

というのも、今回のワクチンについてはワクチン同様、治験

中であることに変わりがありません。ホメオパシーに200

年の歴史があっても、今回のようなワクチン自体が初めてな

のです。副作用を和らげることができても、将来に起こるで

あろう本当の害ー次の感染症などへの免疫、周囲への影響。

不妊の可能性。次世代への影響などなど。それををどこまで

キャンセルできるかはまだ未知です。

 

 あるいは自然はもっと回復力を持っている可能性もあります。

人間のアタマで心配しているよりもずっとタフで信じられな

いような浄化を起こす可能性(のような出来事)だってある

かも知れない。人の行いによっても、それを強化する可能性

だってあるかも知れない。

 

それでも君子、危うきに近づかず。いや、今回は君子でなく

ても、肩身が狭くなっても、アイデアを絞ってなんとかでき

るだけ近づかなくてすむ方法を考えた方がいい気がします。