摂取した人に伝えられること

身近な方、大切な方が摂取してしまったことに悩んで

いる方が多いので少しでも参考になればと思います。

詳細は各自、調べてご判断ください。

 

伝える、伝えない、もそれぞれの関係性を

総合的に考えての判断が必要かと思います。

 

情報の取り扱いを含め、

すべて自己判断、自己責任でお願いします。

 

以下、引用です。

 

- - - - - - 

 

これを読まれている方は、殆どがワクチンを接種されて

いない方と思いますが、周囲に接種を済まれた方がいる

と思いますので、その方の置かれた状況を教えてあげて

ください。

 

縁を切られてしまうかもしれませんが、科学者の見解に

基づけば接種者はよく生き延びられたとしても数年です。

 

幸い、抗体ができていなければ、3度目のブースト接種

や来年以降の接種を避けることで救われます。

 

2020年2月以降、本日まで騒がれてきた「生物兵器説」

の本質は「バイナリー兵器」であり、「1. ワクチンに

よる抗体」と「2. 感染」の2つの条件が揃った場合に

初めてADE(※)は作動します。

 

————

 

※ ADE とは

ADE(抗体依存性感染増強)とは、ウイルスの感染やワク

チンの接種によって体内にできた抗体が、ウイルスの感染

をむしろ促進してしまうという現象。

 

————

 

つまりワクチン接種済みの方は、「非中和抗体という爆弾」

を体内に持った可能性がきわめて高く、こちらは「コロナ

ウイルス感染が火種」となり爆発します。

 

時間差を意識しなければなりません、つまりワクチン接

種から1週間後に作動する場合もあれば、半年から1年、

または2年後の場合があるのです。

 

ここまでは、「ADEとは何か」… で記したとおりですが、

説明を加えますと、「中和抗体」とはスパイクタンパクの

毒性を中和して活性を抑えるものですが、逆に、「非中和

抗体」とはスパイクタンパクの活性を上げる「感染増強抗

体」となるものでして、複数種類が確認されています。

 

すでにワクチン接種をされて亡くなられた方は、次の3つ

が原因でしょう。

1.「ポリエチレングリコールが原因のアナフィラキシー」

2.「スパイクタンパクによる血栓の形成」

3.「非中和抗体によるADE発動」

 

実験上、ワクチン接種後も健康体だった猫はコロナウイルス

感染後に全滅しています。動物実験では生存率はゼロです。

 

「ワクチン打ったからもうコロナは大丈夫、熱があるのは

ただの風邪」世間の人々では、こんなふうに考えてしまっ

ている方々をよく見かけますが、健康に異常があった際に

はすぐ病院に行ける準備をしておくべきでしょう。

 

接種後に熱が出た方は、免疫反応が起きたということです

から、すでに非中和抗体ができている可能性は極めて高い

と思われます。

 

ADEを止める方法は目下開発されていませんが、たとえば

大阪大学などにより「中和抗体を誘導する本物のワクチン」

が開発される可能性があり、こちらを接種することで止め

られる可能性はあります。

 

━━━━━━━━━

 

十分量の中和抗体の存在下では、感染増強抗体(非中和抗体)

の影響は見られなかった。

 

━━━━━━━━━

 

感染増強抗体の認識部位を改変することで、感染増強抗体の

産生を誘導しないワクチン開発が可能になると期待される。

(大阪大学 日本医療研究開発機構 2021年5月24日 

雑誌Cell掲載論文)

 

また、健康に異常があった際には、アビガン投与が最も理想

的ですが、他にもイベルメクチンや抗体カクテルのような薬

の投与を速やかに行うことで感染を止められる可能性があり

ますので、「どの病院でどの薬の投与が可能か」を事前に

調べておくと良いと思います。

 

 

- - - - - - -

 

引用、終わり。