東京でも

また講演会のお知らせです。

 

プログが講演会の告知ばっかりになっていますが、、、

とりあえず7月まではがんばろうと思っています。

 

大人たちがパンデミックに気を取られているうちに

子どもたちの世界はとんでもないことになっていて

私たちはそこにかなりの危機感を抱いています。

 

菌やウィルスの知識がないところへ突然やってきた

怖ーい感染症の情報の数々。人はパニックになると

思考がストップしてしまうようです。

 

 

 

こんな、コロナ対策をすることがいいことだったのか?

そこを検証していかないと同じことを繰り返しです。

子どもに尊敬されなくても文句、言えません。

 

統計を見たら子どもたちのコロナ死は0%

亡くなっているのは平均寿命の年齢の方々。

2年も過ぎてコロナがインフルエンザ以下の風邪だった

ことはもう明らかです。

 

コロナ対策について自由な議論が行えている教育現場は

どのくらいあるのでしょう?擦り込まれた情報で恐怖心

に陥った大人たちの下で子どもたちへの身体はもちろん、

メンタル面での影響は計り知れません。

 

 

世界でまだマスクをつけているのは韓国と日本だけ。

あと1ヶ月も経てば、解除の方向にいくといわれて

いますが結局、上からの指示待ちでしか動けないこと

に変わりはなく。

 

今も、学校の中ではノーマスクの子は戦時中の非国民扱い

さながらの状況が続いています。

 

 

 

一番右の赤いところがコロナで亡くなった割合。

・・・・私たちは何を恐れているのでしょうか。

 

交通事故やお餅を喉につかえて亡くなる人の方が

何倍も多いのだから、車の運転や餅の販売だって

規制が必要なんでしょうか。

 

もはやウィルスでなく人目、世間体を気にしての

行動だけが加速してしまったのです。まるで戦争

中と同じなのも当然で、仕掛けているのは・・・

とここでピンとこなくてはいけません。

 

 

20代までで見るとコロナ0%に対して癌などの

病気が25%、自殺は過去最高の37%・・・。

本当の緊急事態はどう見てもこっちの方です。

 

さらに、出生率は過去最低。に、引きかえ、自殺も

いじめもDVも体罰も虐待も不登校も精神疾患も

過去最高。それってどんな国ですか?

 

大人の、無批判な無難を装う行動が、こんな世界を

つくることに加担していないか?と問いたいのです。

 

そんなわけで、東京でも講演会を有志の保護者が

集まって企画しました。

 

このQRコードからビュンと飛べます。