おくなが屋の前身は栃木県の那須町ではじめた

自家製酵母のパン屋です。2011年の東日本大震災を

きっかけに生活を立て直すために、夫の実家がある

この場所に移住し、食の自給を軸にしながら

健やかに暮らすための衣食住を提案する

おくなが屋を2012年にOPENしました。

 

店は自宅の一部を大工さんと一緒に自分たちで

8ヶ月かけて改修工事を行い、その後、店の横に

イベントスペースを造りました。

現在、お店の営業は週3日ほど、あとは各種講座、

個人セッション、時々イベントも主催しています。

 

 

 

奥永 牧 プロフィール

おくなが屋主宰・クラシカルホメオパス 

東京都三鷹市生まれ。20代で重度のアトピー、気管

支炎、30代で卵巣嚢腫、子宮癌等を抱え、15年間

さまざまな療法を試し「食と健康と医療」に目覚める。

以後、クスリや病院に依存せず、健康でいることが

ライフワーク。40代で助産院と自宅での出産を経験。

2人の子どもを自然療法で育てる。アメリカ

コネチカット州にてHolistic Healingの仕事に携わる。

'11年の東日本大震災をきっかけに福岡へ移住。食の

自給とオーガニックをテーマにおくなが屋をOPEN。

同時にホメオパシーを本格的に学びはじめる。

'17年 The British Institute of HomeopathyInternational

修了。'21年クラシカルホメオパシー京都卒業。

現在7年目となるセルフケア講座を続けながら

自然治癒力を高めるための個人セッションを行う。

 

 

奥永 進一郎 プロフィール

福岡県上毛町(旧太平村)で高校卒業まで育つ。

幼少より食べること大好き、運動大好き。

大学時代にスポーツのコンディション作りのための

食事に注目している時、マクロビオティックの

久司道夫氏に出逢い、直接、食の大切さについて学ぶ。

会社員生活を経て、20代後半で天然酵母パンの草分け

的な店である東京のルヴァンに転職。その後、日本、

フランス、アメリカのパン屋で修行後、栃木県那須町

で自家製天然酵母パンの店を開業。'11年の東日本

大震災を機に実家に戻り、大分県臼杵市の赤峰勝人氏

から循環農法を学びはじめる。以来、10年以上、

夫婦でおくなが屋を営むかたわら家族の食べる野菜、

米、大豆、小麦を育てている。

現在5年目となる家庭菜園講座担当。